新生活の買い物:ジャランスリワヤの靴と万双の名刺入れ

先日晴れて新社会人になりました。
毎日スーツを着て通勤することが、新鮮で楽しいです。

クリーニングから仕上がってきたシャツに袖を通して、磨いておいた靴を履く。
まあ、これは理想です。

新生活を始めるにあたって、必要なものをいくつか購入しました。
物は必要なものだけを買うようにしています。

しかし、必要かどうかの判断はかなり甘い気がします。

そこで新生活を迎えるにあたって、ジャランスリワヤの靴と、万双の名刺入れを購入しました。

ジャランスリワヤ:黒のプレーントゥ


黒の内羽根ストレートチップを2足持っているのですが、
それに加えて黒の革靴がもう一足必要だなと思い、新宿のグリーンレーベルリラクシングに靴を見に行きました。

そこで購入したのが、ジャランスリワヤの黒のプレーントゥ(ダイナイトソール)です。

ジャランスリワヤはこちらの記事でも紹介しましたが、結構いい靴だと思います。

クウォーターブローグのものもあったのですが、新卒なので無難なプレーントゥにしました。

また、ラバーのダイナイトソールなので、雨用にしてもいいかもしれません。

余談ですが、会社の同期に何人か靴好きがいたのが少し嬉しかったです。

万双:コードバンの名刺入れ


名刺入れを購入するにあたって、まず最初に検討したのが、Whitehouse Coxというブランド。ロウを含んだブライドルレザーが有名で、イギリス王室御用達のブランドです。
レザーブランドだと他には、同じくイギリスのエッティンガーとかも有名ですね。

スリワヤの靴を購入したときに、グリーンレーベルで扱っていたホワイトハウスコックスを見てきたのですが、名刺入れでお値段が約2万円弱。

ちょっと高い・・・。

そこで、上野の美術館に行く予定があったので、そのついでに上野御徒町駅の近くにある「万双」というお店に行ってきました。
友人がこのブランドの財布を使っていたこともあり、このお店には以前から行きたいと思っていました。

上野公園の方からアメ横を抜けて行き、若干迷いながらもお店に到着しました。
思ってたよりも小ぢんまりとしたお店でしたが、革製品がずらっと並んでいます。

目当ての名刺入れですが、店頭でサンプルを見せていただきました。
ブライドルレザーの名刺入れで、いい感じにエイジングしています。
お値段はなんと、約1万円。安い。

それに決めようかと思っていたのですが、もう一つ型があるそうで。

こちらは素材がコードバンで、ネイビーとボルドーの二色展開。
ネイビーは黒に近い色味で、ボルドーはブラウンのような色合いです。
僕はネイビーを購入しました。

値段は約1万3千円。え!?

コードバンを使ってこの価格が実現できるのは、万双という会社が製造から販売まで一貫して行っているからだそうです。

すごいですね。
ブライドルレザーも良いのですが、使い始めから革製品っぽさがあるコードバンに決めました。

まとめ

どうせ買うならいいものを買って、ながく使っていきたいです。

先立つものはないのですが、これから頑張るからいいかな!

広告