就活で、必要な準備は3つ

就活で学んだことを記録しています。

面接で聞かれるのは以下の3つだと思います。
(そして、それぞれに対して、抽象と具体・結論と理由の構造で回答する必要があります。)


1. 志望動機
2. 人材要件に合っているか
3. やりたいこと

まあ、これしか聞くことないですよね。
何で最初はわからなかったんだろう。

例えば、「大学時代、何頑張ったの?」という質問は、2つ目の人材要件に関するものです。

つまり、「大学時代、何頑張ったの?」という質問の意図は、
「その会社で求める人材像に合っているか確認するため」といった目的であると考えられます。

また、「最近気になってるニュースは?」という質問は、「その人が常日頃、情報収集を行っているかどうか」を確認しているのです。
まあ、そうでない場合もあると思います。

1. 志望動機


志望動機は、業界の志望動機と、企業の志望動機の2つです。

(1)業界の志望動機

業界の志望動機を考える際に大事なのは、その動機は志望する業界に限って言えることかどうかを考えることだと思います。
つまり、面接官に「それって、他の業界でもできるよ?」と言われないようにすることです。

例えば、「成長したい」という志望動機はどの業界にも当てはまります。
なので、志望する業界に合わせて、どういった観点で、またはどのようなスピード感で成長したいかを限定する必要があります。

成長の観点として、以下の2つを挙げたとします。

1. プロジェクトマネジメントができるように:ディベロッパー、海運、商社、広告(営業)、投資銀行、戦略コンサルなど

2. めっちゃ早いスピードで:投資銀行、戦略コンサルなど

この2つの観点で、投資銀行と戦略コンサルの2つの業界に絞れたとします。
そして、ここから、例えば戦略コンサルに限定できる観点を加えればいいというわけです。

「ビジネスの本質を考えられるようになりたいー」とかですかね。
まあ、戦略コンサルの面接でこれを言ったら余裕で論破されると思います。

ここまで書いてきてわかるように、「成長したい」を志望動機にするのは大変そうですね。
私はこのリスクを回避するために、「〜というスキルを身につけたいから」なぜなら「今後社会で〜は必要だから」みたいなロジックで逃げてました。

まとめると、業界の志望動機を考えるためには、いろんな業界(?)のことを知っている(?)必要がありそうですね。

(2)企業の志望動機

企業の志望動機を考える際に大事なのは、その企業に自分が何を提供できるかを考えることだと思います。

私は以前、企業の志望動機に関して、「御社のネットワークを活かして活躍したい!」とか、「御社働いて色々学びたい!」とか言ってました。

しかし、ある企業の最終面接で、「うちの持つネットワークが活かせなかったらどうするの?」
「企業のノウハウがたいしたことなかったら、どうするの?」と聞かれて、うまく答えられませんでした。

会社は学校ではない。

業界の志望動機は、つまりは「将来、〜になりたい」ってことなので、夢見がちな動機でも大丈夫かも知れません。
しかし、企業の志望動機においては、その企業が自分を採用するメリットを伝えることができないと、
採用担当者に、「こいつに決め(利益を生む社員に育てるために投資し)よう」思ってもらえないかも知れません。

例えば、海外展開を進めている会社だったら、「英語ができます!」は、その学生を採用するメリットになりますし、
業績が傾いてる会社だったら、「困難を乗り越えてきた!」学生を採りたいかも知れません。

つまり、企業の志望動機においては、その企業のことをしっかり調べた上で、自分を売り込んでいく必要があるっぽいです。

2. 人材要件


人材要件とは、求める人物像のことです。
そして、人材要件は実際の業務内容と結びついていて、私が受けた会社の例を紹介します。

外資コンサル(A社)の人材要件

(経営)コンサルの業務内容は、

(1)データ解析・分析
(2)それを元に仮説
(3)それを固めるために更にデータを集める
(4)仮説に基づいて、問題解決のために戦略を考える

みたいな仕事です。

そして、コンサルA社の人材要件は下記の通りです。(OB訪問で伺いました。)

1. 情報収集能力(習慣)
2. 問題分析能力
3. コピーセンス(ライティングスキル)
4. 専門性(体系的知識)
5. 戦略性
6. 向上心
7. 周囲への目配り
8. リーダーシップ

これを業務内容と関連付けると、

1. 情報収集能力(習慣)
2. 問題分析能力
データ収集・分析

3. コピーセンス(ライティングスキル)
書類(プレゼン資料など)作成

4. 専門性(体系的知識)
5. 戦略性
6. 向上心
専門知識などの学習

7. 周囲への目配り
8. リーダーシップ
プロジェクトマネジメント

いやー、人材要件と業務内容の関係が明白ですね。

人材要件≒実際の業務内容

ここまで見てきたように、人材要件について聞かれるときには、業務内容を念頭に置いて答えるといいかもです。

突然ですが、私が満たしていない人材要件は、リーダーシップです。(?)
では、リーダーシップとは何でしょう?

個人的には、チームマネジメント能力だと理解しています。
チームを統率したり、プロジェクトの進捗を管理する能力のことです。

何で、リーダーシップが必要とされるのか。

それは、色々な理由があるとは思いますが、その1つに、

下請けを管理する必要があるから。という理由があるのではないかと思います。
つまり、リーダーシップは、いわゆるゼネコン型のビジネスにおいて必要とされます。

例えば、テレビ局や広告会社は番組や広告作りを、下請けの制作会社に任せています。
ITコンサルにおいても、実際のシステム作りは、下請けのプログラミング会社(ベンダー)が行っています。

まあ、平たく言えば搾取してるんですよね。

なので、人材要件にリーダーシップとあったら、

その会社がどういう事業をしているのか、
それはゼネコン的な(搾取を伴う)ビジネスモデルではないか、

ということを気にしてみるといいかもしれません。

3. やりたいこと


その業界・企業でやりたいこと。難しいです。

「まあ俺も正直、将来やりたいことなんてわかんないよ」
と、インターン先のCEOが言ってたのが印象に残っていました。

わかんないですよね。
OB訪問させてもらった人に、WhatHowでアプローチしてみたらとアドバイスをいただきました。さすがコンサル。

What:何をやりたいか

何をやりたいか。これは、かなり具体的に考える必要があると思います。

それと同時に、志望企業の業務内容を理解していないと、
「それ、うちじゃやってないよ?」ということになりかねません。

この内容を詰めるために、OB訪問を行うのもいいかもしれません。

How:どのように仕事がしたいか

どのように仕事がしたいかは、キャリアを通してか、その会社においてかによっても変わってくると思います。

なので、キャリアにおいてどういう働き方がしたいか、を考える場合、

ワークライフバランスを重視したい。
若いうちにバリバリ成長。

などが答えとして考えられます。

僕は個人的には、何となく搾取するビジネスモデルで働きたくはなかったですね。
まあ実際は、搾取されると同時に搾取しているのが、現代の分業社会なのかも知れません。

回転ドア一つで家が買える
バンダイの社員は、一般のサンライズの社員より給料が高くて 小学館や集英社や講談社の社員は、一般の漫画..

最後に

就活で必要な準備は、志望動機、人材要件、やりたいことについて自分の頭で考えていれば大丈夫だと思います。

それを結論と理由の構造で、自分の経験に基づいて話せば大丈夫です。
これにもっと早く気づきたかった。

就活を通して、自分の頭で考えることをやめたらダメですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする