批判・批評に関する免責事項

こんにちは、このブログで記事を書いているものです。

僕の記事の中で、特定の作品・作者を対象にした批判や批評を行う場合があるかもしれません。
その記事をご覧になるにあたって、注意していただきたい点が1つあります。

それは、僕の批判・批評(以下disり)は、すべて僕個人の個人的好き嫌いに基づくということです。

一見、まともに聞こえ得るロジックや、証拠を持ち出してくる場合があるかもしれません。
しかし、そのロジックや証拠もすべて、個人的好き嫌いに依存します。

例えば、嫌いな人のいうことは、なんとなく非論理的に聞こえるし、好きな人の言うことは、何でも無批判に受け入れてしまいがちです。
なので僕のdisりは、こうした(無自覚的)偏見(ドクサ)に基づく、disりであることをご了承ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする